徹底比較!リアルコミュニティとオンラインサロンどっちが学べる? 

オンラインサロン, オンラインサロンを活用する

今回は、リアルコミュニティとオンラインサロンどちらが学びやすい場であるのか考察してみました。どちらにもメリットとデメリットが存在します。使い方によっては、自分が成長できる場所となるため上手く使い分ける必要があると言えます。

リアルコミュニティとは

コミュニティ

直接会って繋がる場所

リアルコミュニティとは、学校や会社、趣味で集まるサークル、コワーキングスペースで知り合う人など、実際に会って交流を図る場のことを言います。直接会って話す分、相手の表情が見えやすく、自分が言って意見に対して相手がどう感じているのか、感情をみることができます。

表情が見えるため相手の反応が分かりやすい

リアルコミュニティのデメリットとしては、相手の反応が直接見える分、非常に気を遣いやすいとい一面があります。言葉の選び方を間違えた場合に、相手が期限を損ねてその場の空気を悪くしてしまう場合もあります。

一方で、相手が納得するように話を展開できれば、仲が良くなり、お互いの距離感を一気に縮める事ができます。

話し合いに集中しやすい

リアルコミュニティのメリットといえば、話し合いに集中しやすくなる事です。オンラインサロンにおいては、相手の状況に応じて、質問を投げかけても直ぐに返信がこない事があります。そのため、神経質な人はイライラしてしまう場合もありますが、その点実際に話す時には、議論のテーマが決まっていると話題に集中しやすいという特性があります。

オンラインサロンとは

インターネット

ネットを介して繋がる場所

オンラインサロンはインターネットを通して繋がる場所です。パソコンや携帯があれば、自分が好きな場所からログインし交流を図る事ができます。また、大勢の参加者が集まるため様々な価値観を知る事が可能になります。

また、自分が興味のあるコンテンツを閲覧したり、掲示板を通じて議論を行ったり、動画配信で話を聞いたりと使い方にバリエーションがあります。

顔が見えない分意見を出しやすい

オンラインサロンのメリットといえば、意見の出しやすさです。顔が直接見えない分、自分の意見を言いやすいです。同時に相手からも思った事や、意見を言われやすいといえます。

オンラインサロンに入る人の多くはリアルなコミュニティとは別に自分の居場所を作りたいと思っている人がほとんどだと思います。日常では周囲の人に対して自分の意見を出しにくい人でも、ネット上だと顔出しをしなければ、ある程度の匿名性が担保されているため、自分が思うことを伝えやすくなります。

周りへ気を遣いやすい

オンラインサロンのデメリットといえば、周囲へ逆に気を遣いやすくなる部分もある所だと思います。前述した意見を出しやすさとも真逆の部分でもあります。特に、リアルなコミュニティで大学の教授や公的機関での仕事に従事している人、知名度がある人など名の知れている方の場合、ネット上でもなかなか話かけづらい一面があります。

まずは、自己紹介から始め、共通の掲示板や議論する場で、相手の意見に反応してみることから関わりを持つことをオススメします。

一歩間違えれば、関係性が壊れてしまう危険もあるため注意する必要があるともいえます。

徹底比較!リアルコミュニティとオンラインサロンどっちが学べる?のまとめ

悩む

リアルコミュニティとオンラインサロンの違いについて比較してみましたが、いかがだったでしょうか。どちらにもメリットやデメリットが存在するため、自分の性格に合わせて使ってみるのをオススメします。オンランサロンは、考え方によっては相手の顔が直接見えない分、意見を出しやすいです。交流を図りやすいのが特徴ですので、機会があれば一度試してみても面白いですね。

関連記事一覧

引用につきまして

弊社のブログは引用自由です。リンク元のURLを明示した上で、ご自由に引用してご活用頂けます。