オンラインサロンを活用する

3つのポイント

オンラインサロンへの参加を続けようかどうか迷う、3つのタイミングとは?

オンラインサロンは、月額課金のビジネスモデル(サブスクリプション)です。

初期投資が少なくて済むので、メンバーも加入の決断をしやすいメリットがあります。そして、メンバーが長く参加していてくれるほど、サロンの主催者は経済的な利益が上がります。

よって、サロンの主催者は、メンバーに長く加入してもらえるよう、役に立つ情報や楽しめるイベント、居心地のいい空間などを提供しようと努力する動機付けになるのです。

ただし、新規メンバーにとっては、「続けるかどうか」迷うことの多いポイントが3つあります。その3ポイントそれぞれについて、主催者が講じるべき対策を考えてみましょう。

入っていくイメージ

1.入会直後(「初月無料」期間内)

オンラインサロンは非公開の会員限定空間ですので、加入してみなければ実態はわかりません。

その第一印象で、「雰囲気に溶け込めなさそう」「コンテンツの場所や使い方がわかりにくそう」「なんとなくワクワクしない」と思われてしまうと、すぐに退会される危険があります。

新規メンバーに「初月無料」の特典を付けている方は、その無料期間が切れそうなタイミングが、最初の退会リスクです。

退会を防ぐためには、主催者や、新規メンバーのフォローを担当するメンバーが中心となって案内したり、質問に優しく答えたりするきめ細やかな対応が重要となります。

また、動画を中心にしたコンテンツをたくさん用意して、飽きさせないようにする努力や工夫も大切です。

2.入会から3~6か月後

オンラインサロン内での、メンバー間の相互交流を期待している新規加入メンバーは、しばらくの間、加入していてくれます。メンバーの人柄や性格、特徴や魅力などは、数日や数週間では完全に把握できないからです。

ただ、サロン内の投稿を読み続けたり、コメントで交流を重ねたり、オフ会に何度か参加したりしているうちに、「やっぱり雰囲気が合わない」「居場所がない」と感じさせてしまうことがあります。

よって、入会から3~6か月後も、退会が増えやすいタイミングです。

たとえば、古参メンバーが内輪ネタで盛り上がったりしていたら、主催者が誰にでもわかりやすいようフォローコメントを付けるなど、新規メンバーも書き込みやすい雰囲気づくりの努力を地道に重ねていきましょう。

達成したイメージ

3.目標を達成したとき

試験合格、ビジネスの売上げアップ、ダイエットや筋トレなど、ノウハウ提供や共有を目的とするオンラインサロンでは、メンバーが自分の目標を達成したときが、退会を検討しやすいタイミングとなります。

そのオンラインサロンの実際の効果を体現しているメンバーなのですから、そのまま退会されるのはもったいないです。

できれば、他のメンバーを励ましたり、成功事例の体験談を語ったりする先輩メンバーとして、残ってもらえるよう説得してみましょう。

残留が難しければ、せめてオンラインサロンに対する推薦コメントを、文章や動画でもらうようにしましょう。それが呼び水となって新規メンバーが増加しやすくなります。

関連記事一覧