オンラインサロンについて

希少性のイメージ

オンラインサロンでの集客に役立つ、「希少性」をもとにした情報発信の極意

オンラインサロンでは、集客が成功するほど盛り上がっていきます。メンバーが増えれば増えるほど、多数の交流や相乗効果が生まれやすく、可能性が無限大に広がっていきます。

しかし、オンラインサロンの運営では、その集客の段階でつまずく人が後を絶ちません。オンラインサロンは楽しい場所ですが、生きていくのに必須の存在とまではいえないので、有料で参加してもらうには何らかの強い理由が必要なのです。しかし、その理由を強く示せるオンラインサロンの主催者は決して多くありません。

そこで、心理学的な知見をビジネス上の集客に応用することを提案する世界的なベストセラー、『影響力の武器』(ロバート・B・チャルディーニ著)を参考にして、オンラインサロンでどのような集客方法を使えば、人は参加申し込みをしやすいのか、検討してまいります。

この記事では、オンラインサロンに多くのメンバーを集めるために採用したい「希少性」の切り口について、ご説明いたします。

限定性のイメージ

『影響力の武器』における希少性とは?

希少性とは、人が何らかの対象を世の中に少なくて貴重であると気づく(言い聞かせられる)と、その対象の価値を実際よりも高く見積もって捉えることをいいます。

同じような内容の商品やサービスでも、「いつでも購入できる」とするより、「めったに購入できない」と位置づけたほうが、価値が高いものと認識されやすいです。

この典型的な成功例が「プロダクトローンチ」です。プロダクトローンチは、短期間にリストを大量に集めて、購入期限を厳格に限定して、動画などで人々の購買意欲をあおり、集中的にひとつの商品・サービスを売りさばく方法です。

これも「めったに購入できない」という希少性を裏づけにした上で、さらに、サービスや商品が人生を変えるほどの重要な存在で、今すぐ買わなければならないと説得されることにより、人々の購買意欲を高めた結果、大量に物が売れてしまうのです。

オンライン上で募集するイメージ

オンラインサロンの集客で応用したい希少性とは?

オンラインサロンは、継続的に運営していくものですから、「期限を設けて締切を定める」希少性の演出には向いていません。しかし、限定的に希少性を設定することは可能です。

たとえば、「オンラインサロン 第○期生募集」というふうに、募集期限そのものを定期的につくる方法です。このときには「次の募集は未定です」と書き添えます。

あなたのオンラインサロンに少しでも興味がある人が、そうした書き込みを見れば、この期限を逃せば、「次は何か月先にあるかわからない」「ひょっとすると、もう入れないかもしれない」と思わせて、希少性を意識させることができます。

関連記事一覧