異業種交流会に参加しても、見込み客と出会えなければ、オンラインサロンを使ってみましょう

オンラインサロン, オンラインサロンを活用する

人脈を広げて、自分のビジネスの「見込み客」を得ようとして、異業種交流会に参加したことがある人もいるでしょう。

しかし、いろんな異業種交流会に一生懸命に顔を出しても、見込み客にはなかなか出会えずに、落胆する人も多いはずです。

ただ、オンラインサロンを使えば、あなたのビジネスにとってまさに求めていた見込み客に出会える可能性があります。

この記事では、オンラインサロンがビジネスの理想的な見込み客を獲得するために効果的である理由についてお伝えいたします。

悩んでいるイメージ

異業種交流会が見込み客を見つけるのに不利な理由

都市部を中心に、様々な趣向を凝らした異業種交流会が開催されています。

業種を問わずに名刺交換をして、お互いに自己紹介をし合って、人脈を広げていく目的のために参加するのでしたら、異業種交流会の存在意義はとても大きいものがあります。

中には保険営業や不動産営業などの会社員も混じっていますが、世の中には、様々な人が、多様なビジネスを展開していることに気づくことができて、興味深いはずです。

しかし、同じように人脈を広げるのでも、自分のビジネスの見込み客を見つけるために異業種交流会を利用するとしたら、急に難しくなってしまいます。

名刺を工夫しても、自己紹介を凝っても、トークスキルを磨いても、なかなか成約に結びつかない人も少なくありません。

なぜなら、ほとんどの参加者が「自分のビジネスの見込み客を探す」目的で参加しているからです。つまり、自分からお金を出して契約する側に立とうとする参加者が、ほとんどいない状況なのです。

もちろん、相手の潜在的な需要とたまたまうまく合致して、見込み客に出会えることもありますが、どうしても偶然頼みだといえるのです。

「異業種交流会の主催者と仲良くなれば、あなたの見込み客を紹介してくれることもある」と指摘する人もいますが、それすらも偶然頼みです。

よほど世話好きの主催者と知り合うか、何度も同じ交流会に通ってよほど深い仲になれるか、それでも紹介が入るとは限りません。

その点、オンラインサロンは、ビジネスオーナーであるあなた自身が、見込み客を集めるための場を提供することもできるわけです。

オンラインでの出会いのイメージ

オンラインサロンで、理想の見込み客と出会いましょう

異業種交流会に参加するときには、どんな人が他に参加するのか、あなたがコントロールすることはできません。

いわば「受け身」の状態で参加しますので、与えられた状態から見込み客を獲得する道を切り拓いていかなければなりません。

一方で、オンラインサロンは、あなたが出会いたい理想の見込み客と出会うために、あらかじめ自由に設計できます。

見込み客の抱える深い悩みを理解し、それをタイトルやコンセプトなどに短く盛り込んだり、あなたがその悩みを解決できる立場であることを実績や人柄などで示したりすると、必ず興味を持つ見込み客が現れ、メンバーとして参加してくれます。

確かに、オンラインサロンをつくったからといって、すぐに成約に結びつくとは限りません。

しかし、異業種交流会よりも、自分自身でコントロールできる場をつくれますので、見込み客のために必要な行動を続ければ、あなたが欲しい結果は得られます。契約できるかどうかが偶然に左右される要素は最小限に抑えられ、不安からも少しずつ解消されていきます。

関連記事一覧

引用につきまして

弊社のブログは引用自由です。リンク元のURLを明示した上で、ご自由に引用してご活用頂けます。