大手WEBサービスのアカウントを用いてお客様のオンラインサロンに会員登録するメリットのご紹介

オンラインサロンの運営, 弊社情報

いつもBuildSalon合同会社をご利用いただき、誠にありがとうございます。

今回は、GoogleやLINEなどのWEBサービスを用いて、お客様のオンラインサロンにログインできる「OAuthログイン機能」の重要性について説明いたします。

会員登録時の手間の問題

言うまでもなく、オンラインサロンが成功するかどうかは、オンラインサロンに利用者がどれほど会員登録してくれるかにかかっています。

そこで、利用者が会員登録をする障壁をできるだけ取り除く必要があります。

・メールアドレスを登録したくない
・仮メールの中にあるリンクをクリックするなど、面倒臭い

と言った心境で、新規会員登録をしないと言う選択肢をとる利用者は、意外と多くいらっしゃいます。

「SNSで会員登録・ログイン」で解決!

そこで、大手WEBサービスで会員登録ができる「OAuth機能」を実装することにより、仮メールの送信やメールアドレスの入力といった面倒な作業を一切なくすことで、ハードルを下げ、新規会員登録をしてもらう確率を飛躍的に向上させることが可能です。

2020年5月1日現在、弊社が提供可能なOAuth機能は、

・Google
・LINE
・Twitter
・Facebook
・Amazon (2020年1月に追加)
・Yahoo! JAPAN (2020年4月に追加)
・mixi (2020年5月に追加)
・Github (2020年5月に追加)

上記8種類のWEBサービスとなっております。
(弊社では、お見積もり金額での実装は3サービスまで無料となっております。4つ以上は1項目8,000円で実装させていただいております)

この8種類のいずれかのアカウントを利用者が持っていれば、5秒で新規会員登録が可能です。

また、そこから取得されるメールアドレスも、そのWEBサービスに登録された際に有効性が確認されています。
そのメールアドレスにメールマガジンやお知らせを配信したり、個別に連絡を取ることも可能です。
収集したメールアドレスをCSV形式でエクスポートして、情報資産としての活用も可能です。

メールアドレス・個人情報を収集する事実や、それらの使い道については、オンラインサロンの制作にあたって弊社が作成するプライバシーポリシーに表記するため、安心してご活用いただけます。

メールアドレスの自動取得
Google
LINE × (要審査)
Twitter ×
Facebook
Amazon
Yahoo!JAPAN
mixi ×
Github ×

また、次回、オンラインサロンにログインする際も、都度メールアドレスとパスワードを入力する必要もございません。

「パスワードはなんだったっけ?」と、パスワードの再発行も面倒くさくなってしまい、利用者が離れていってしまう事もございません。
(通常会員登録時のパスワード再発行機能は標準で実装いたします)

「LINEで会員登録をすると、一定期間有料会員になる」と言った、詳細な個別の会員ランクの設定も可能です。

「信用を高める」メリット

OAuth機能を導入するメリットは、会員の手間削減にとどまりません。

「このオンラインサロンは、Googleと提携している」と言った、信用を高める効果もあります。

事実、FacebookやTwitterのOAuth機能の実装には、独自の審査があり、所定の基準を満たしていないとログイン機能を実装できません。
(審査や申請は、弊社が一括して全て行います)

実際にFacebookなど大手WEBサービスを経由してログインする訳ですから、信用を高めるのに十分な効果があります。

当ブログ記事の引用は自由です。参照元URLを明記した上でご自由に引用してください。

関連記事一覧

引用につきまして

弊社のブログは引用自由です。リンク元のURLを明示した上で、ご自由に引用してご活用頂けます。