オンラインサロンに人が集まる「発信力」の鍛え方

オンラインサロン, オンラインサロンの運営

オンラインサロンをせっかく作ったのに、なかなか人が集まらないと嘆いている人は、少なくありません。立ち上げたばかりの段階では仕方ありませんが、数か月経っても、ほとんど加入してもらえないのは、辛いですよね。

やはり大切なのは、できるだけ多くの人に自分のオンラインサロンの存在を知らせる「発信力」を鍛えることです。
このインターネット時代には、個人レベルでもかなりの発信ができるようになりました。
あなたのオンラインサロンを知らせるための、適切な発信方法について考えてみましょう。

まずはコンセプトを固めなければ、せっかく知ってもらっても興味を持ってもらえない。

タイトルやコンセプトを固めることを忘れずに!

まず、発信する前に、あなたのオンラインサロンに参加すると、どのような悩みが解決されて、どのような未来が開けていくのか、それを想像できる短い言葉を考え抜いてください。

タイトルやコンセプトがわかりにくければ、せっかく頑張ってたくさんの人々に向けてアピールしても、興味を持ってもらえないままで、努力が水の泡になってしまうおそれがあります。

ですから、100人中で何人かでも、「それを読んだら食いつく」と言い切れるぐらい、強いタイトルやコンセプトを練っていかなければなりません。

まずは、自分の強み、特技、他人に貢献してきた実績などを洗い出しましょう。

次に、参加者に提供できる望ましい未来を提示します。

さらに、他の同ジャンルのオンラインサロンを研究し、すでに打ち出されているコンセプトに空きがないかどうか、まだ誰も追究していないコンセプトがないかどうかを検討します。

これらを受けて、できるだけ短い文章で表現することが大切です。長く説明したくなるコンセプトやタイトルの無駄を省いて、スリムに整えてこそ、あなたのオンラインサロンの最も中核になる部分を、必要な人へ届け、参加するかどうかの検討をしてもらうことができるのです。

読む気が失せるほど長いと、検討すらしてもらえません。

ビジネスYouTuberは、時代のトレンドです。

動画でも、どんどん発信していきましょう!

インターネットでの発信といえば、ブログ、Facebook、Twitterなど、文章と写真での投稿を思い浮かべがちです。
しかし、これからは動画での発信に力を入れていくべきです。できれば、あなたの姿をカメラに映し、あなたの声で必要なコンセプトを伝えることが大切になります。

YouTube、Facebookライブ、Instagramストーリーなどにも、思い切ってチャレンジしてみましょう。

何度撮り直しても構いません。動画は情報量が多いので、あなたの人柄や本気度も一緒に伝わります。あなたのことを今まで知らなかった人々にも興味を持ってもらう窓口として、オンラインサロンのコンセプトをあなた自身の声で届ける動画は効果的なのです。

関連記事一覧

引用につきまして

弊社のブログは引用自由です。リンク元のURLを明示した上で、ご自由に引用してご活用頂けます。