オンラインサロンの運営

オンラインサロン紹介のため、自撮り動画を撮るイメージ

オンラインサロン集客のため、「ウェルカム動画」をつくろう!

オンラインサロンを主催していても、オンラインでの集客に苦戦していて、なかなか参加者が集まらないと悩んでいる方は、思いのほか多いようです。オンラインサロンの案内文は読むけれども、そこからクレジットカード情報などを入力してサロンに参加するまでには、意外と高い壁があるのです。

その壁をぶち破って、ハードルを下げるには「動画」の力を借りるのが重要です。

動画の品質が高いと、あなたを知らない人に対しても、第一印象が向上します。

なぜ、「ウェルカム動画」が効果的なのか。

なんといっても、動画は伝わる情報量が膨大にあります。

そして、自己紹介やサロンの目的などを説明する「ウェルカム動画」は、あなた自身の第一印象を決定づけます。
たった数秒だけでも、あなたの見た目や表情、口調や声質、背景に何が見えているのか、といった情報がどんどん入ってきますので、あなた自身の人柄や能力、生活環境や感情まで伝わります。

裏を返せば、気をつけていないと、本当はあなた自身が隠しておきたいパーソナリティがどんどん漏れ出る危険性もあるわけです。
ですから、ウェルカム動画はどんどん撮り直しましょう。オンラインサロンに誘導するウェルカム動画が綺麗に作り込まれていて、第一印象が良ければ、新規参加者も増えていきます。

第一印象が悪いと、そこからリカバリーして好印象へ回復させるのは至難の業です。ですから、第一印象を決めるウェルカム動画をしっかりと作り込んでおくほうが効率的なのです。

動画を撮るときに気をつけたい基本

動画を撮るときには、何に気をつけたほうがいい?

動画は、あなたの表情や声、しぐさ、音楽、文字などが総合的に短時間で伝わるメディアです。何度も撮り直し、作り込んで、納得いくものを仕上げていくに超したことはありません。

まず、基本なのは「テンションを普段より高めに」「声やジェスチャーを普段より大きめに」することです。動画はスマホやパソコンで視聴しますので、実際に会って伝えるよりも、声が小さめに聞こえますし、実物大よりどうしても小さく映ります。ですから、普段よりもやや強度を高めてアピールするぐらいで、ちょうど良く収まります。

また、陽の光や照明が当たる明るい場所で撮影し、レンズの高さを目の高さにしっかり合わせます。目線が上からになっても下からになっても、第一印象は良くありません。

そして、バックに何が映り込んでいるか、細心の注意を払いましょう。白い壁をバックにして動画を撮る人が少なくありませんが、非常にもったいないです。

たとえば、英会話のオンラインサロンでは、海外で買ってきた現地のグッズやおみやげなど、日本ではまず見かけないものがたくさん映り込んでいると、説得力が増します。
その一方で、起業や投資のオンランサロンでは、部屋の広さや間接照明、窓の外の景色などが映り込んでいると、豪華な様子が演出できます。

関連記事一覧