プラチナ世代の起業に「オンラインサロン」という新しい選択

オンラインサロンの運営, オンラインサロンの集客, オンラインサロンを活用する

人生百年時代と呼ばれて久しくなりますね。退職した後に退職金等を活用して起業をお考えのシニア世代の方も多いかと思います。

一昔前であれば、フランチャイズ系のコンビニや飲食店、また、人脈を活かしたスナック経営や居酒屋。趣味と実益を兼ね個人で修行をして蕎麦屋、ラーメン店開業等が主流でした。

もちろん、商売である以上どのような業種にもリスクは伴います。

しかし令和二年度の多業種にわたる外的要因の劇的なネガティブエフェクトを経て、改めて将来設計を考え直しておられる方も多いのではないでしょうか?

そこで、是非候補に加えておいて頂きたいのがサブスクリプション型のオンラインサロン経営です。

退職金活用によるオンラインサロン経営

では、退職金活用によるオンラインサロン経営のメリット、デメリットとはどこにあるのでしょうか。
順を追ってご説明させて頂きます。

メリット面
・飲食店、不動産投資と比較すれば初期投資が少額で済む

サブスクリプション型のオンラインサロン経営には多額の資金が必要ないため、開業の資金面でのハードルは低いです。

・取り替えることが困難な高額な設備を設置する必要がないため状況に応じた方向転換が容易

飲食店やリノベーション賃貸等と比較すると、運営の方向転換が容易です。

デメリット面

・顧客一人当たりからの利ざやが少額であることが多いため、集客力が特に必要

サロンオープン当初の状況は、著名人などでない限り飲食店に例えれば隠れ家的テナントで開業したときと同様。周知力が求められます。

・コンテンツの継続的投下が必要

飲食店にも季節ごとのおすすめメニュー等があるように、モチベーション維持が鍵となります。

シニア起業の効率化にも情報収集が重要

初期投資が少額で始めやすいばかりか、人生経験と人脈を持つシニア世代にぴったりの起業であるオンラインサロン。

その収益化成功の秘訣は、いかに効率的に多数の見込み顧客へと、良質で魅力的なコンテンツであることを伝えることができるか。
契約に至った後のサロン全体のモチベーション維持を継続できるか。
にかかっています。

こうした現状を踏まえれば、退職金活用起業をお考えの方なら、独学による機会損失を被る前に!
オンラインサロン作成から運営における良質なノウハウを保持するプロに相談をしてみる事は、ノーリスクハイリターンな賢い選択の一つと言えるかと思います。

当ブログ記事の引用は自由です。参照元URLを明記した上でご自由に引用してください。

関連記事一覧

引用につきまして

弊社のブログは引用自由です。リンク元のURLを明示した上で、ご自由に引用してご活用頂けます。