美容系オンラインサロンを成功へ導く秘訣とは?

オンラインサロン, オンラインサロンの運営

美容系オンラインサロンにはどんな種類があるのか?

美容系オンラインサロンと言っても、美容の内容はさまざまです。

美容と言えば、何が思い浮かびますか?

美容室系(ヘア、ヘアカラー、シャンプやトリートメント、ヘアスタイル)、ネイルサロン系(ジェルネイル、スカルプチュア、マニュキュア)、痩身系(エステ、フェイシャル、脱毛、まつげエクステ)、メンタル系(ヒーリング、アロマ、カラーセラピー)などのさまざまなジャンルが数多く混在しています。

同じようなサービスをしているフリーランスや個人、企業や店舗がある中で、他の美容系オンラインサロンと差別化を図るにはどうすればよいのでしょうか?

同系統の他の美容系オンラインサロンの実情を知る!

リサーチのイメージ

同じようなサービスを提供しているからこそ、その中に違いがあれば際立って見えるものです。

まずは美容系オンラインサロンを片っ端から、マーケティングリサーチすることが重要になってきます。

大変な作業にはなりますが、「どんなサービスを提供しているのか?」「どんなサムネ、キャッチコピーやコメントを使っているか?」「どんな特典があるのか?」「メイン以外にどんなコミュニティがあるのか?」などネットや口コミでできる限りの情報を入手しましょう!

他のオンラインサロンとの差別化を図る!

自分のオンラインサロンとの違いを明確にし、自分のオンラインサロンにしかない強みを見つけましょう!

その強みを存分にアピールできるよう、戦略を立てていきましょう。

自分のオンラインサロンでカリスマ性を備えた人や、専門知識に長けた人をメインに持ってくると集客がしやすくなります。

美容系オンラインサロンだけで収益を考えない!

美容系オンラインサロンは、実店舗があるところが大多数だと思います。

実店舗の収益、商品販売の収益、オンラインサロンでの収益を総合して考えていきましょう。

オンラインサロンのみで収益モデルを作ろうとすると、有名人や芸能人でない限り、必ず集客人数が頭打ちになってしまい、失敗してしまいます。

オンラインサロンは宣伝の一環として考えるべし!

オンラインサロンは1つの広告・宣伝要素として活用していくのがベストです。

オンラインサロンの客層3つに区分すると、分かりやすいかもしれません。

1つは、実店舗の実際に通ってくれているお客さんです。

オンラインサロンを開いたことを来店した際に宣伝、アピールできます。

オンラインサロンに来てくれるようになれば、毎月定期的な収益が見込めます。

2つ目は、ネットや広告などを見て来てくれたオンラインサロンのみのお客さんです。

逆に実店舗やオンラインで商品が買えることなどをアピールし、実店舗の収益にもつながります。

最後に、オンラインサロンのコミュニティで出会ったサロ友や、紹介で来てくれたお客さんです。

実店舗でも、ネット商品販売でも、オンラインサロンでも収益が見込める可能性があります。

美容系オンラインをうまく活用することで、さらなる収益の可能性を見出していきましょう!

当ブログ記事の引用は自由です。参照元URLを明記した上でご自由に引用してください。

関連記事一覧

引用につきまして

弊社のブログは引用自由です。リンク元のURLを明示した上で、ご自由に引用してご活用頂けます。