オンラインサロンの運営

オンラインサロンの運営者には美容師が多い?その実情を調査してみた。

オンラインサロンの運営者には様々な職業の方が存在します。中でも多いのが、美容師です。美容師は近年急激に店舗数が増えてきており、厚生労働省の調査によればコンビニと比べ4倍もの店舗数があると言われています。そのため、売上額を増やすために、他店舗との差別化を図り、オンラインサロンへ参入する方も少なくないと思われます。

では、美容師はオンラインサロンにおいて、具体的にどのような目的で情報を発信しているのでしょうか。調べた内容を報告していきます。

美容師がオンラインサロンを運営する目的

美容師オンラインサロン

自分の名前を売る

名刺

美容師がオンラインサロンを始める目的で多いのは、自分の名前を世間に認知してもらいたいというのが多いです。例えば、芸能人やモデルのカットを担当している美容師であっても、知名度が少なければ、店舗へ足を運んでもらうことはできません。

自分の名前が知られてくれば、お客さんが興味を持ちカットを担当してもらいたいと思い、来店する機会が増えるでしょう。

収入を増やす

収入

既に技術や知識を持っている美容師がステップアップしたいと思い選ぶのが、オンラインサロンという場合もあります。仕事に悩む美容師に対して、カットやカラー技術、店舗経営の知識をコンサルタントとして発信する手法です。

お客さんはいるけれども、単価が少なく全体的な売上に伸び悩んでいる時に、自分が持つスキルを売り、副収入としてオンラインサロンを運営するという方も少なくないです。

仲間を増やす

仲間

美容師という職業上、経営者という立場になれば一人職場も珍しくありません。その場合、悩みを相談できる相手がいないといった問題が発生します。仕事でのモチベーションを維持するためにも、困り事を話せる仲間が欲しいという美容師も存在します。

オンラインサロンにおいては、自分のスキルを売るだけでなく、ファンクラブ形式で自分と価値観が合う人を集めたいという思いで運営をしている人もいます。

【まとめ】美容師はオンラインサロンを通じて自分のスキルを発信し集客や副収入を作っている

オンラインサロンを行う目的は美容師によってそれぞれ異なります。しかし、多くの場合は自身が運営する店舗への集客や、収入を増やすことが目的としている事がほとんどです。全国的にも美容師の数は増加しており、競争が激化している昨今。業界で生き残る戦略の一つとして美容師がオンラインサロンを運営している事が分かりました。

集客方法に悩んでいる美容師は、有名な美容師が運営するオンラインサロンに入会し情報発信の手法を学んでみるのも面白いと思います。

関連記事一覧