投資系オンラインサロンユーザーが求めていること 4選

オンラインサロンの運営, オンラインサロンの集客, オンラインサロンを活用する

日本人は、世界でも特に「貯蓄が好き」な国民であると言われています。

国別ランキングで、GDPあたりの貯蓄額割合が特に上位なわけではない日本が、なぜそのように印象付けられているのかといえば、ひとえに1人当たり名目GDPが同程度の他国と比較して、個人資産を何らかの形で投資に回す人の割合がとても少ないからだと言えるでしょう。

1人当たり名目GDPが日本と同程度にある国といえばイギリス、ニュージーランド、アラブ首長国連邦等が挙げられますが、このいずれの国の国民も日本人に比べ投資にかなり積極的です。

特にニュージーランドの投資民に対する手厚いケアは顕著で、税制・所得申告の簡素化、投資を行う他国民の永住ビザ取得の事実上の促進など、国を挙げて積極的な投資を応援しようという姿勢が強く見られます。

1人当たり名目GDPで肩を並べる各国のこのような動きには我が国の政府も当然影響を受けると思われますし、iDeCoつみたてNISA等の周知がかなり行き届いてきていることも、こうした国を挙げての投資促進への流れの一環と考えられるでしょう。

このような時代の変化の中で一般の投資初心者がまず情報収集するために大変人気を集めている「投資系サブスクリプション型オンラインサロン」。今回は、こうした投資系サロンのユーザーが主宰者に求めるスキルとはどのようなものなのか?を探っていきます。

投資系オンラインサロンユーザーが求める事 4選

2020年たった1年足らずで、ここまで世界が変革を迫られてしまった事からもわかるように、投資に「正解」等あり得ません。

それでも人々が投資系サロンに入会するのは、絶対的な正解を求めているのではなく、投資に必要な情報収集先確保リテラシーを高める勉強の為。そんなユーザーが主宰者に特に求めていると言われる4点を挙げてみました。

ある特定の業界に強い

明治時代から続く商家の血筋や、プレミアム農業の成功者、海外有名証券会社勤務歴を持つなど、他にはない業界内部の目線から市場を見る目を培いたい。

他にはない人脈

政治、経済界の大物フィクサーや、マスコミ業界の裏幕に通じる人物など、大学の先輩後輩などの数奇な縁により他では聞けない裏話に通じている。

特定の海外事情に詳しい

中国、インド、台湾、NZなど、投資民の熱い視線が向く海外に長く居住していた、婚姻関係があるなどで、他にはない新鮮な内地情報を発信できる。

豊富な実体験

大学1年の時から、生前贈与での不動産投資を経験し始め…等、他のひとよりもずば抜けた、失敗成功様々な投資の実体験を持つ。

もしあなたが、このいずれかに当てはまる特性を一つでもお持ちなら。自分では普通だと考えているその個性を思い切り発信し続けることで、人気投資系オンラインサロンオーナーになることも夢ではないでしょう!

当ブログ記事の引用は自由です。参照元URLを明記した上でご自由に引用してください。

関連記事一覧

引用につきまして

弊社のブログは引用自由です。リンク元のURLを明示した上で、ご自由に引用してご活用頂けます。