現在 465 記事を公開中です

今!押さえておくべきMEO基礎知識とその対策

自己所有のオンラインサロンを運営していくとき、会員数を増やしたり、会員が行っている活動をネット上で広報したりなど、様々なSEO対策が必要となってきます。

そして今、これまでのSEO対策に加え、新たにMEO対策という要素にも目を配った広報が必要となってきています。

今回は、これからのオンラインサロン運営者に必須となってくるMEO知識について、基礎的なところを押さえていきたいと思います。

MEOとは?

SEO対策に加え、新たな広報の要素として加わってきたMEO。

これは、Map Engine Optimization の略。

直訳すると、「地図エンジンの最適化」。この場合の地図エンジンとは、GoogleMapのことを指します。

実は、この呼び方は日本独自のもの。海外では同じ対策をLocal SEO、つまり直訳すると「地域でのSEO対策」、と呼んでいます。

海外のクライアントがらみの時にMEOの話題になった時は、注意しましょう。

Google Map内での、地図検索エンジンの検索によって、意図した特定の「場所」が上位表示されることを目指すこと。これがMEO対策の定義です。

MEO対策のメリット

SEO対策を行う目的は、検索結果において上位表示されることで、webサイトを訪問してもらいやすくなることですが、MEO対策の場合は、この目的の部分にも若干違いが出てきます。

MEO対策を行い、上位に表示されることを目指すのはもちろん同じですが、そこから先の目指す結果に、「検索者に、実際にその場所を訪れてもらうこと」がある場合に、SEO対策ではなくMEO対策を取ることがより有利になってくるのです。

オンラインサロンといえど、例えば観光関連のサロンや、特定の地域における育児や、婚活など、地域がらみのテーマのサロンも意外に多いもの。

サロン運営を考えているならば、今はこのMEO対策は必須のカテゴリーと言えるでしょう。

最初に述べたように、サロンの利用者がイベントを行いたいとか、自分の実店舗を宣伝したいなどの悩みを抱えているケースも出てくるでしょう。

これからの運営者としては、しっかりとしたMEO対策を考えておかなくてはなりません。

利用者

MEO対策の基本的なやり方

それでは、MEO対策を行う為の基本的なアクションについて見ていきましょう。

① MEO対策には「Googleマイビジネス登録」が必須

MEO対策を行う時まず最初に行うのがGoogleマイビジネス登録です。難しく思えるかもしれませんが、実は初心者でも簡単にできてしまう手順です。Googleマイビジネスのログイン画面で、Googleアカウントでログインし、その後要求される項目をすべて埋めるとGoogleから本人確認コードが届きます。これは、項目に入力した住所に、郵送で配達されるという方法です。あとは、そのコードをGoogleマイビジネス画面で入力すれば、完了です!

➁ キーワードを入れる

次に、自分のマイビジネス情報の説明やメニューなどに、検索ワードになりやすい単語をできるだけ多く入れ込んでいきます。この辺はSEOのやり方に準じます。

➂ できるだけ頻繁に更新する

こうしてアカウントが完成したら、できるだけ活発なアカウントだと認識されるために、できれば毎日何かしらの情報を更新し続けましょう。もちろん、その際にもキーワードはしっかりと意識していきましょう。

オンラインサロン管理者として、MEOにも詳しくなろう

いかがでしたか?

オンラインサロンを運営していると、自分のものだけではなく、参加者の行う様々なイベントや、話題にのぼる場所などのMEOに関わる可能性も高くなってきます。

このような最新の広報対策については、常にアンテナを張っておく必要がありますね。