現在 376 記事を公開中です

オンラインサロン集客の切り札、Google広告を攻略しましょう【検索連動型広告編】

Facebook広告でオンラインサロン集客を成功させるための基礎知識【AI学習編】

オンラインサロンの新規集客で、今、Facebook広告と並び、最も効果的な方法のひとつとされているのがGoogle広告です。

Google広告では、おもに、その人が検索に使ったキーワードに関連する広告が優先的に表示される、文字ベースの「Google検索(連動型)広告」と、その人が再生しているYouTube動画に関連する広告を優先的に表示する、動画ベースの「YouTube広告」の2種類に分けられます。

この記事では、オンラインサロンの集客に役立つ、Google検索広告についての基本を解説しています。

Google検索広告の強み

Google検索広告を使えるようになると、集客に有利となる理由は次の通りです。

Webの至るところに表示される

Googleで検索することは「ググる」と言ったりしますね。

Webのキーワード検索で、Googleは90%を超える、他の同業者を寄せ付けない圧倒的なシェアを誇っていて、

しかも、人々がどんなキーワードで検索するかという行動を通じて、その人の興味や欲求を推測し、関心を持つ可能性が高い広告を優先的に表示します。

また、Googleは事実上、世界中のウェブサイトに関するほぼすべての情報を集め尽くしています。ウェブ上の広告スペースである「Google AdSense(グーグルアドセンス)」には、そのウェブサイトに書かれている情報に近い、あるいはそれぞれのユーザーが過去に読んできたサイトに近い広告を優先的に表示されます。

さらに、Google検索広告は、YouTubeのキーワード検索にも対応しており、動画内で文字広告を表示させることもできます。

入会の可能性が高い人に優先して見せられる

「○○ オンラインサロン」でキーワード検索している人は、自分が興味のあるテーマのオンラインサロンを積極的に探している可能性が高いです。

よって、受け身の状態で広告を見せられているFacebookユーザーよりも、会員になってくれることがより期待できるのです。

Google検索広告の注意点

Google検索広告を使うとき、デメリットになりかねない点は次の通りです。

顧客獲得コストが高くなりやすい

Google検索広告は、ほとんどのキーワードに競合の広告主がいます。よって競争が激しく、Facebook広告に比べて、全体的な広告費が吊り上がりやすくなります。

今の時代にはインパクトが弱い

インターネットの通信速度や端末の性能が飛躍的に上がっている現代で、人々は画像や動画などのビジュアル情報に慣れています。Facebook広告やYouTube広告も、動画でつくられたコンテンツで溢れています。

そんな中で、文字情報が主体の広告は埋もれてしまいやすいおそれがあります。