現在 391 記事を公開中です

オンラインサロンの「プラットフォーム」の歴史(後編)

オンラインサロンの「プラットフォーム」の歴史(後編)

<「中編」(クラウドファンディングとオンラインサロンの接近…など)はこちら>

物販事業者が立ち上げたオンラインサロンプラットフォーム

「FELISSIMOオンラインサロン」は、神戸を拠点としてアパレルなどのオンライン通販事業を手がけてきたフェリシモ社が、満を持して立ち上げたオンラインサロンプラットフォームです。

公式サイトより

FELISSIMOオンラインサロンで運営されているサロンのテーマは、料理や家事、育児、暮らしなど、女性が興味を持ちそうなものでほぼ統一されています。

FELISSIMOは、女性向けのファッション、小物、アクセサリーなどを販売している強みから、オンラインサロンプラットフォームとしても、女性向けで徹底させているのです。

サロンの月会費は、クレジットカードなどでのオンライン決済のほか、FELISSIMOで買い物をしたときに貯まる「メリーポイント」を使うこともできるのが特徴です。

また、フェリシモ社は「FELISSIMO Merry」という独自のクラウドファンディングプラットフォームを運営しています。

CAMPFIREだけでなく、FELISSIMOも、クラウドファンディングとオンラインサロンが実質的に近いことを見抜いているのでしょう。

音楽配信事業者も新たに参入している

携帯電話の「着うた」配信サービスとして、2004年にmusic.jpを立ち上げ、今ではデジタルコンテンツ配信の総合企業にまで発展した株式会社エムティーアイも、「music.jpオンラインサロン」というブランド名でプラットフォームを立ち上げました。

音楽のほか、スポーツ、フィットネス、英会話など、music.jpの顧客層の興味関心に合致するようなテーマのオンラインサロンを多く抱えているのが特徴です。

お笑いの総合商社も参入中

吉本興業は、すでにクラウドファンディングのプラットフォーム「SILKHAT(シルクハット)」を立ち上げていますが、そのノウハウを活かして、サッカー専門のオンラインサロンプラットフォーム「Runway(ランウェイ)」も独自に運営しています。

公式サイトより

筋金入りのJリーグファンとして知られる、お笑いコンビDonDokoDonのツッコミ担当、平畠啓史さんの「ひらはたフットボールクラブ」も注目されています。

また、オンラインサロン発のフットボールクラブとして、2030年のJリーグデビューを目指している「マッチャモーレ京都山城」のオンラインサロンも、Runwayプラットフォームを活用しています。プロサッカー球団をゼロから立ち上げるプロジェクトに関わりたい人々から支持されています。

プラットフォームから独立した自由なオンラインサロンを開設したいあなたへ
独自オンラインサロン開設サービス「BuildSalon」
https://buildsalon.co.jp/