現在 671 記事を公開中です

他社製プラットフォームやSNSを利用せずにオンラインサロンを運営するメリットとは?

法人向けオンラインサロン制作なら

株式会社ビルドサロンが制作するオンラインサロンは完全な買い切り制です。

今回は、この「買い切り制」という方法を選択するメリットについて詳しく解説しました。

思ったよりも多くのメリットがあることを知って頂けるはずなので、是非最後までお読みください!

オンラインサロン運営をマンションに例えてみる

オンラインサロン運営をマンションに例えてみます。

他社製プラットフォームやSNS利用 = 賃貸
ビルドサロン制作 = 分譲

となります。

賃貸マンションは入居時の審査や頭金の準備などが購入に比べればとても簡易で、すぐに引っ越すことができます。

中には仲介手数料割引物件や、初月家賃無料、また、家具付き賃貸など、有利な条件が出ている部屋もあります。

オンラインサロンの場合も、他社製プラットフォームやSNS利用の場合は準備期間もほとんど必要なく、準備する現金も無料のところもあるほど、少額で済むことが多いです。

比較してビルドサロン制作のオンラインサロンで運営を開始しようとすれば、初期費用として購入代金がかかりますし、購入するためには様々な要件定義や契約書など、ある程度の準備も必要となります。

ビルドサロンを利用してオンラインサロンを所有し、運営するメリット

ビルドサロンを利用してオンラインサロンを所有し、運営するメリットは、分譲マンションを購入した際のメリットにとても似ています!

わかりやすくご説明していきます。

1. サービス終了のリスクが無い

他社製プラットフォームやSNSを利用したオンラインサロンには、元会社のサービス終了や、サービス内容の大幅な変更などのリスクが常に付きまといます。

自社でオンラインサロンを所有していれば、このような事に振り回されることは絶対になくなります。

2. 固定の支払い

利用料の支払い・固定費の支払いがありません。

通常、他社サービスを利用すると、会費の30%〜40%を手数料として支払う必要がありますが、オリジナルWEBサイトであれば手数料・固定費を支払う必要は一切ありません。

3. 仕様の設計の自由さ

開設時の審査や会員への実名登録の強制など、プラットフォームの固定仕様に縛られる必要がございません。そのため、自由なコンセプトの変更や設計が可能となります。

4. 売却が可能

何らかの理由でオンラインサロンシステムが不要になった際に、内部の個人情報データをすべて消去し、他法人様に売却することが可能です。つまり、初期費用に関しては将来的にこの売却金額によっても、何%かを回収できる可能性がかなり高いものであるということは、念頭に置いておいてよいでしょう。

検索エンジン広告を出稿可能!

他のプラットフォームを利用する場合と異なり、自社でサイト(ドメイン=URL)を所有できるため、検索エンジンに広告が出稿できます。

「20代未満の若者向けに広告を出稿したい」
「英会話に興味があるユーザーのみに広告を出稿したい」

といったターゲティングを前提とした広告出稿が可能になり、強力なアプローチが可能になります。

法人向けオンラインサロン制作なら