現在 671 記事を公開中です

今さら聞けない!オンラインサロン運営一般常識シリーズ”バレンタインデー” そもそも話

法人向けオンラインサロン制作なら

オンラインサロンを運営している立場としては、一般常識について他の人よりも詳しくいられるように常に務めることは非常に重要です。

なぜなら、オンラインサロン利用者があらゆる一般的な事象について何か困っていたり、質問してきたときに対応しなくてはならないシーンはいつやってくるかわからないからです。

そこでこのブログでは、”今さら聞けない!オンラインサロン運営一般常識シリーズ”と題して、様々な身近な事象について取り上げていきます。

今回は年々、高級チョコレートブームがますます過熱の一途をたどっている「バレンタインデー」についてです。

バレンタインデーとは

バレンタインデーの由来と歴史: バレンタインデーの由来は3世紀までさかのぼります。

当時のローマ皇帝クラウディウス2世は、戦争を繰り返していたため、兵士たちの結婚を禁止していました。

しかし、バレンタイン司祭というキリスト教の神父は、兵士たちを秘密裏に結婚させました。

皇帝は怒り、バレンタイン司祭を殺害しました。

バレンタイン司祭の殉教日が2月14日だったため、彼は聖バレンタインとして敬われるようになりました。この由来は一部で「怖い」とも言われています。


聖バレンタインとは?
名前: 聖バレンタイン(英語: Saint Valentine)
由来: 3世紀のローマ時代に活躍した神父で、当時のローマ皇帝クラウディウス2世が兵士たちの結婚を禁止していました。しかし、バレンタイン司祭は兵士たちを秘密裏に結婚させました。皇帝は怒り、バレンタイン司祭を殺害しました。バレンタイン司祭の殉教日が2月14日だったため、彼は聖バレンタインとして敬われるようになりました 。

バレンタインデーについて、キリスト教文化圏で一般的な過ごし方と風習を簡潔に説明いたします。

  1. 贈り物の交換:
    • バレンタインデーは、恋人同士や友人、家族、同僚などがお互いに贈り物を交換する日です。
    • 男性から女性への贈り物が一般的で、チョコレートや花束、カードなどが人気です。
  2. 特別なディナーやイベント:
    • 恋人同士は、バレンタインデー当日に特別なディナーを楽しむことがあります。
    • 劇場や映画館でお芝居を観たり、ロマンチックな時間を過ごすこともあります。

バレンタインデーは、愛と感謝の気持ちを表現する素敵な日です。

ホワイトデーについても知っておこう

  1. ホワイトデーの起源は日本:
    • バレンタインデーが日本で「女性が男性にチョコレートを贈って愛を告白する日」として広まり、定着したのは1960年代といわれています。
    • 一方、海外のバレンタインデーは家族や恋人の間でプレゼントを贈りあう日であったり、男性から女性へ贈り物をする日であったりと違いがあります。
    • 近年の日本でも愛の告白に重きを置かず、友人同士でチョコレートを贈り合う「友チョコ」を楽しむ方が増えています。
    • そして、3月14日のホワイトデーは、バレンタインデーのお返しをする日として、実は日本で始まったイベントです。
    • 日本には「内祝い」や「香典返し」など、何かをいただいたらお返しをするという文化が根付いているため、ホワイトデーが生まれたといえるでしょう。
  2. ホワイトデーの歴史:
    • バレンタインデーが日本に定着したころ、お返しにあたる日は定められていませんでした。
    • ホワイトデーが生まれるまでは、菓子メーカーや菓子店が「バレンタインのお返しに」と自商品をPRしていて、「リターン・バレンタイン」「マシュマロデー」「クッキーデー」「フラワーデー」など、独自で呼び方や贈る物を定めていたようです。
    • 考案者については複数の説がありますが、代表的なのは全国飴菓子工業協同組合と和菓子の老舗「石村萬盛堂」の説です。
      • 全国飴菓子工業協同組合説: 1980年のホワイトデーでは、百貨店やラジオ広告などで大々的なキャンペーンを展開し、徐々に定着していったとされています。 ホワイトデーの名前は、若者のさわやかな愛を、純潔のイメージを持つ白に見立てたことから。
      • 石村萬盛堂説: 石村萬盛堂がマシュマロで黄身餡を包んだ博多銘菓『鶴乃子』の中身をチョコレートにしたお菓子を「マシュマロデー」として売り出したのが始まり (1978年)。 その後、百貨店のアドバイスを受けて名称を「ホワイトデー」に変更し、現在のスタイルが定着しました。
  3. 海外のホワイトデー事情:
    • 韓国: バスケットにたくさんのプレゼントを詰め込んだ贈り方が人気。
    • 中国: バレンタインデーもホワイトデーも、贈り物は男性から女性へ。
法人向けオンラインサロン制作なら