現在 391 記事を公開中です

【心を掴んで離さない】あなたのオンラインサロンの配信を魅力的なものにするトーク術とは(前編)

ライブ動画配信のイメージ

現在、多くのビジネスマンや芸能人、インフルエンサーと呼ばれる人たちが参入しているオンラインサロン。

この流れを受けて、自分もオンラインサロンを始めてみたい、もしくは始めている人もいらっしゃることでしょう。

ですが、それと同時にこんな不安もあるかと思います。

「人前で何分間も話すことが出来るのだろうか…」

「配信を続けているけど反応が悪い…」

このように自分のトークに、自信を持てない人が多いではないでしょうか。

そこで今回は、前後編の2本立てで、相手に飽きられてしまうNGな話し方と、聞いている相手を惹きつけて離さないための実践的なトークスキルについてお伝えしていきます。

飽きられない、惹きつけるトーク術が必要!

オンラインサロンで情報発信する場合、テキスト形式や録画動画の配信などの方法がありますが、最も反応が良く、メンバーが求めているのは、ライブ動画配信です。

オンラインサロンに来てくれたということは、あなたにすでに興味があるということなので、より距離の近いライブでの配信を求めている人がほとんどです。

しかし、聞き手がライブ動画配信望んでいたとしても、あなたのトークに魅力が無ければ、相手を満足させることができないかもしれません。

まずは、NGなトークの仕方についてお伝えします。

サロンメンバーに敬遠される話し方とは

1.元気がない

もしあなたがトークに自信がなかったとしてもその不安をメンバーに感じさせてはいけません。

あなたが有益な話をしていても、自信がない話し方では、メンバーもその情報を不安に思うでしょう。

質問形式での配信も同じです。声のボリュームやトーンは、日常会話時より意識して上げるようにしましょう。

2.一方的に話している

トークに夢中になりすぎて、メンバーを置き去りにするのもNGです。話すことに夢中になりすぎて、メンバーの反応をうかがうことをおろそかにしていませんか。

伝えたいことを伝えようと意識すると、つい熱が入り、自分が一方的に話している状態では、メンバーも楽しんで参加することは出来ないかもしれません。

トークの合間で声をかける、ブレイクタイムを設けてみるなど、工夫してみましょう。

3.トークの構成が分かりづらい

話が分かりにくい、伝えることが苦手な人苦手の特徴は、話の構成が定まっておらず、ぶれてしまうことです。

話の構成が分かりづらければ、どれが結論なのかメンバーも分からずに、困惑してしまい伝えたいことが伝わりません。

特に配信を始めたての時は、構成を決めてトークの流れを意識してみてください。