現在 440 記事を公開中です

オンラインサロンユーザーにも人気!徹底研究・海外通販サイトの今~その1

オンラインサロンを運営していると、入会してきたメンバーが海外通販サイトを利用している事も珍しくなくなってきています。

様々な用途でこうした海外通販サイトを利用する人が増えている現在、オンラインサロンの内部でも運営側としてその概要を知っておく必要があるでしょう。

そこで今回は、特に良く利用されている海外通販サイトについて知っておいた方が良い情報をまとめてみました。

レトロ玩具収集家のオークションサイトが世界的企業へ”eBay” 

アメリカ、カリフォルニア州に本社を置くeBayはあのSkypeやPaypalをかつて子会社としていたほどの超巨大企業。

海外通販サイトの中でいちばんの老舗で、有名な会社であることは間違いありません。

もともと、マニアックなレトロ玩具収集家たちのオークションの場として90年代にインターネット上に開設された場だったことは、今ではあまり知る人はいないエピソードですね。

eBay内では、売る側は「セラー」、買う側は「バイヤー」と呼ばれます。

日本国内にはイーベイジャパン株式会社とeBay Japan合同会社(Qoo10)という2つの日本国内向け事業を行う会社がありますが、米国のeBayのサイトとシステム連携までは行われていません。

主な決済プロバイダーは、Adyenですが、Paypalの仕様も可能です。

BackCountry

BackCountryは、アメリカ、ユタ州パークシティに本部を持つアメリカ最大手アウトドア用品通販サイトです。

この会社の特徴は、商品の通販会社としての成り立ちの前に、創業者(当時2名の男性)の、アウトドア趣味のキャリアからその歴史をスタートさせているという点です。

ユタ州にはパークシティというアメリカアウトドア趣味のメッカともいえる素晴らしい公園を備えた地域がありますが、今でもBackCountry社員たちはここで夏は自然の岩の壁によるボルダリング、冬はスキーを実際にプレイしながら業務にあたっています。

つまりBackCountryはアウトドアスポーツの玄人集団が運営している海外通販サイトであり、今現在の日本国内でのアウトドアブームを鑑み、そしてアウトドアテーマのオンラインサロンを運営する方であれば必ず押さえておくべき海外通販サイトだと言えるでしょう。

買い物の仕方は他の大手海外通販サイトと同じで、クレジットカードが必ず必要である他は、特に難しいことはなく、商品を選択した後、クレジットカード情報と日本国内の住所をアルファベットで書き込めば完了です。

問い合わせ電話やチャットなども充実しています。