現在 381 記事を公開中です

価値ある情報だからこそ守りたい!reCAPTCHAという選択肢

reCAPTCHAという選択肢

「私はロボットではありません」…誰もが生活の中でインターネットを活用するようになったこの時代、この言葉で始まる認証テストを一度も受けていない、という方の方が珍しくなってきています。

今回はreCAPTCHA認証システムについて、皆さんと一緒にみていきたいと思います。

CAPTCHAの歴史はGoogle以前のインターネット社会に始まった

有名な冒頭の言葉の通り、世界一有名な認証システムであるCAPTCHAは、botによるwebサイト攻撃から身を守るために開発されました。

最初の開発チームはGoogle検索エンジンが普及する以前、1995年ごろのインターネット社会において検索エンジン大手として君臨していたAltaVista(アルタビスタ)という米国の企業に属していた研究者たち。

AltaVistaは、世界で初めて多言語対応をしていたサービスであった事もあり、様々な言語を持つハッカー達が世界中から日々彼らのwebサイトに忍び込み、AltaVistaが開発した検索エンジンに外部から侵入させたURLを仕込もうとする攻撃に晒されていました。

アンドレイ氏等当時の開発中心メンバーたちは当然それに気づいており、どうにかしてこうした攻撃から効率的にwebサイトを守る方法はないものかと試行錯誤の結果、「画像として表示させたアルファベット文字列を改めてキーボードでフォームに入力させる」という方法を思いついたのです。

なぜなら当時もこうしたwebサイト攻撃には自動化タスク実行アプリケーションであるbotが使用されることが圧倒的に多く、botには休むことなく24時間365日攻撃を継続できるという利点はあるものの、人間のように目で見た画像の中に意味のある文字が隠されている事を認識し、更にそれを再出力できる、という能力は、特に当時、まだ持ち合わせていなかったからです。

reCAPTCHAへの進化、そして更なる効果的なセキュリティツールの高みへ

こうしてbot撃退に大きな役割を果たしてきたCAPTCHAは、現在、更に進化しreCAPTCHAとして私たちに便利さを提供し続けてくれています。

現状2億回/日ほど、毎日世界中で活用されているCAPTCHAの認証システム。この作業に使われている人間のリソースを、「紙の書籍の電子化」に使おうという試みが、reCAPTCHAです。

米国イリノイ州、シカゴに在する慈善基金団体マッカーサー基金が資本を投じて開始されたこの試みは、多くの研究者、開発者たちの手により今や盤石たる運用実績を持つに至り、私たちはお陰でreCAPTCHAという便利で有効性の高い認証システムのプラグインを、様々なプラットフォームに安全に実装することができるようになっているのです。

こうしたreCAPTCHAの詳細に通じたオンラインサロン専門業者であれば、どのようなシーンにどのような認証システムを実装すれば最も安全なのか?等。そのコストパフォーマンスとともに、納得するまで判りやすく説明を聞いてから選ぶことができるので、是非一度は検討してみることをお奨めします。