現在 376 記事を公開中です

オンラインサロンを運営する上でのSiteLockの重要性について 第2回

SiteLockのイメージ

Sitelockは高コスパなWordPressサロンに適したセキュリティサービス

メンバーの個人情報を預かるオンラインサロンでは、万が一にもセキュリティ不備による情報漏えいなどは許されません。

本来であればサロンの立ち上げと同時に、最大限のセキュリティ対策を講じなければならないところ。
ですが現実的には、人員的にも資金的にもリソースが限られてしまうというのが実情でしょう。

そこで注目されるのが、WebセキュリティサービスのSiteLock(サイトロック)。
この記事では、特にこれから小規模サロンを立ち上げたい方にこそ知ってほしいSitelockの情報について述べていきます。

Webセキュリティサービス SiteLock(サイトロック)とは?

Sitelockは、あなたのサイトに対し、外部から複数のセキュリティ診断を定期的に実施。
アプリの脆弱性、不正改ざん、マルウェアなどのwebサイトに潜む脅威をサイトオーナーに通知してくれるサービスです。

アメリカで開発されたアプリケーションですが、日本ではGMOがサービスを提供中。
世界中で1,200万ものサイトが利用していることからも、ユーザーの満足度の高さが伺えます。

これだけ普及した一因として、WordPressサイトに対応している点が挙げられます。
もちろん通常のサイトにも対応していますが、WordPressの小規模サロンにこぞって支持されている理由はどのあたりにあるのでしょうか?

WordPressの小規模サロンのセキュリティならSitelockで

個人や小規模起業などがオンラインサロンを立ち上げる場合、プラグインやテーマを利用してWordPressでサイト作成を行うケースも多いと思います。
非常に手軽で、かつ低コストで作成出来るのが要因なのでしょうね。

しかし、WordPressは習熟度の低いユーザーにはイメージ出来ないほど、リスクをはらんでいます。

実は全世界で公開されているサイトのうち、3割近くがWordPress。
この圧倒的な普及率と、残念ながらセキュリティ対策の不十分なサイトの多さなどから、どうしても攻撃者のターゲットになりやすくなっています。
管理画面がweb上に存在することから、ログインさえしてしまえば改ざんも容易な点も、大きなリスク要因。

そこでSitelockの出番です。

最安値のエントリープランなら、月額換算385円(税抜)でセキュリティ対策が始められます。
定期的にSitelockがあなたのサイトのページを巡回し、WordPress本体やプラグイン、テーマなどの脆弱性や、マルウェアの検知を行います。
そこで問題が発生した場合は、ユーザーへ通知してくれるので、すぐに対策が打てますね。

上位プランと比較してしまうと、機能的に制限があるものの、50ページまでの小規模サロンであれば対策も容易でしょうし、立ち上げ段階ではコスパ的にも納得の行くレベルです。

将来的にサロンが成長し、エントリーの枠から出るようになったら、GMOでも勧めているレギュラープランを検討しましょう。
レギュラープランは月額換算で1,200円(税抜)と増額されますが、対象ページが200ページに増えるだけでなく、機能的にも大きく向上します。

マルウェアについては、エントリーでは検知・通知のみの対応だっとところが、自動的に駆除まで行ってくれるようになります。

また、Sitelockが持つ膨大な診断データをもとに、サイト改ざんのリスクスコアを「高・中・低」で評価してくれるリスクアセスメント機能も、エントリーにはありません。

さらにレギュラー以上のプランであれば、サロンのページにSitelockの「安全シール」を表示出来るようになるため、訪問者へ安心感を与えることも可能となるのです。

まとめ

低コストで簡単に高度なセキュリティ環境を実現出来るSitelockが、小規模サロンの立ち上げ時に適していることがおわかりになられたと思います。

セキュリティ対策さえクリアできれば、敷居が低く、多数のプラグインによりカスタマイズ性も高いWordPressでのサロン運営も大きな選択肢の一つになりますね。

一度検討されてみてはいかがでしょうか。