現在 443 記事を公開中です

オンラインサロンをプラットフォームを使って運営する方法

オンラインサロンは、自分で用意したところで作ることもできますが、既にあるプラットフォームを利用して作ることもできます。オンラインサロンに加入するのではなく、これから自分で立ち上げないと考えた時には知っておきたい手段です。今回は、そのプラットフォームを利用する方法や気を付けるべきポイントについて紹介していきますよ!

オンラインサロンのプラットフォームとは?

そもそもオンラインサロンを開くために使うプラットフォームとは、オンラインサロンを開設する代表者と利用者とを仲介するサービスのことを指します。需要と供給を結び付ける仲介所と思えば簡単かもしれませんね。

プラットフォームを使うメリットとは?

プラットフォームを利用するメリットは、既にオンラインサロンを開く前提で確立されているから設立が簡単なことです。自分で決済システムを管理するのは大変ですが、これらのプラットフォームなら既にそれらのシステムは織り込み済みですから、自分で何もかも用意する必要がありません。

また、自分で一から始めるのと違って知名度が必要ないこともメリットになります。芸能人など、オンラインサロンを開く前から知名度がある人であればそのサロンにも人が集まるでしょうけれど、そうでない一般人ならまず人集めが大変です。なぜならそのサロンの存在自体が知られていないからです。しかし、プラットフォームを使えばそこにはオンラインサロンを探している人も多くいるのですから、同じ志を持つ人々を集めることが容易です。

人気のオンラインサロン用プラットフォーム

具体的に人気なオンラインサロン用プラットフォームをここで少し挙げてみましょう。

・CAMPFIRE…こちらはオンラインサロン用プラットフォームとして認知度が高いところで、手数料は10%です。多くの人が使っているので一から始めたい人におすすめのプラットフォームです。

・DMMオンラインサロン …こちらは堀江貴文さんや落合陽一さんなど、有名人のサロンが多いことで知られています。有名人ですら個人で始めないこともあるのですから、やはりプラットフォームは利用した方がお得かもしれませんね。

まとめ

オンラインサロンを自分で始めようと思ったら、是非一度どんなプラットフォームがあるかを確認してみてください。自分に合ったところや、利用者が使いやすそうと思うところがあればそこを根城にしてみるのも良いかもしれませんよ?