現在 369 記事を公開中です

セキュリティ対策「WAF」を導入!オンラインサロン運営者なら必須!

firewall

ンラインサロンを運営するときに陥りやすいのが、「セキュリティ対策の甘さ」です。例え個人運営のサロンでもハッカーに狙われる可能性はあり、大切な会員の個人情報が盗まれ、信頼を失い、最悪の場合は裁判に発展することもあります。

「SSL化ているから大丈夫!」と油断するのは危険です。さらにセキュリティを強化するため、これからの時代は「WAF」の導入は必須なのです。

この記事では、オンラインサロン運営者には必須知識の「WAF」について解説します。

WAFとは?

WAFは「Web Application Firewall」の略称で、Webアプリケーション(ホームページ、ネットショップ、オンラインサロンなど)の脆弱性をついた攻撃から守るためのセキュリティ対策です。

実は、セキュリティが弱い個人や中小企業を狙うサイバー攻撃は増えてきています。

例えば、SQLインジェクションという攻撃は、データベースを不正に操作することで顧客情報を盗み出したり、オンラインサロンに不正アクセスして改ざんしたりします。また、クロスサイトスクリプティングという攻撃も悪意のあるスクリプトを入力することで、同様に個人情報を流出させてしまいます。

これを防ぐのに必要な対策の一つが「WAF」です。これらのサイバー攻撃をWAFが自動で検知してくれることで、通信を遮断してくれるという仕組みになっています。

ちなみにSSLとは保護する対象が異なるため、WAFとSSLのどちらも導入することが理想といえます。

WAF3種類のメリット・デメリット

WAFには大きく分けて3つのタイプがあります。自分で運用する「アプライアンス型」「ソフトウェア型」、サービス会社が運営する「クラウド型」です。それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで選びましょう。

  1. アプライアンス型

専用ハードウェアに設置したり、汎用サーバーに設置したりして自分で運用します。複数のWebサーバーを保護できるため台数が多いとコスパが良く、柔軟にカスタマイズできますが、導入時のコストや維持は高めです。

  1. ソフトウェア型

すでにあるWebサーバーに、WAFソフトウェアをインストールして自分で運用します。ネットワーク機器を新たに導入する必要がなく、安価に導入できるのが嬉しいポイントです。ただし、Webサーバーごとにソフトウェアをインストールする必要があるため、台数が多いと費用がかさみます。

  1. クラウド型

クラウド上で行うため専用の機器を必要としないタイプで、サービス事業者が運営します。最も導入コストが低く抑えられ、専門スキルがなくてもOKです。ですが、利用するサービスによって性能が劣る場合があるので、実績などを確認してよく検討する必要があります。

まとめ

オンラインサロンのセキュリティを強化するなら「WAF」の導入は必須です。不正アクセスによる被害が起こってからの対策では遅く、取り返しがつかないことになってしまいます。大切な会員の個人情報を守るため、早めの導入をおすすめします。