現在 431 記事を公開中です

オンラインサロン初期設定~まず押さえておきたいこの作業各コンテンツ初投稿編

新規に立ち上げたオンラインサロンを運営開始するにあたり、見落としがちなタスクを呈示する便利シリーズ「オンラインサロン初期設定」

今回は忘れがち…ですが行えば確実に効果が上がる、アノ作業をとり上げます。

「はじめの一歩」…が超大事!さりげないから助かるタスク

シンプル&ベーシックですが、だからこそ落としがち!…な、重要なタスク

それは、「すべてのコンテンツに最初の投稿をしましょう!」という作業なんです。
オンラインサロンには、ユーザー参加型の様々な機能・コンテンツが用意されていますが、出来立てのサロンのそれらコンテンツコーナーを見にいっても、もちろん最初は何も投稿されていません。

運営側からすれば、

「サロンのテーマははっきりしているし、オンラインサロンの前段階でのオフラインサークルや大手SNSでお互いを知っていて、話題やインターフェースがはっきりしている現場に自分から入会したのだから、今は何もなくてもすぐに活用が増えて、他のオンラインサロン同様盛り上がるさぁ!」

…と期待してしまうものですが、さて、自分がユーザー目線に立ったとして考えてみてください!そう、「いの一番、最初」…というのはどんなことでも勇気がいるものですよね。

手間に感じても、必ず、運営、もしくは運営に近しいものがまずは見本投稿をすべてのコーナーに行っておき、盛り上げ役を買って出ることが大切です。

方向性は最初が肝心。暴走、迷惑しっかり確認

そして、最初だからこそしっかりとタスクに入れ込んでおくべき作業は他にもあります!

人がいないうちに自分のペースにしようと女の子の囲い込みみたいな行動する迷惑さんはいないか?!
政治的な事、過激発言など禁止行為に抵触する人がいないか?

こうした雰囲気が一度出来上がってしまってからでは、なかなか完全に取り除くことが難しくなります。
最初の数週で決まる雰囲気は重要なので、上記のような兆候がないかどうかを人が多い時間帯を中心に、しっかり見回って、違反行為には早い段階できちんとクギを刺しておくべきです。

出来たばかりのオンラインサロンだからとなめてかかってくるような迷惑ユーザーは、素早くしっかりした運営態度を見せれば勘違いに気づき、意外にあっさり撤退してくれるケースも。

最初が肝心ですね!