現在 437 記事を公開中です

収益があがるオンラインサロンのテーマとは?具体例から解説。

オンラインサロンのテーマ選定はサロンを運営する上で何よりも重要なステップとなります。「オンラインサロンで何をするのか」のテーマ・コンセプトを決めは収益を左右するものですので、慎重に行う必要があります。

では、具体的にはどのようなテーマがあるのでしょうか?

考えられるテーマ

ビジネス・スキルアップ、起業・経営、副業、転職、美容・健康、料理・グルメ、政治・経済、投資・仮想通貨、スポーツ、恋愛、音楽、英会話・語学 などが考えられます。

このテーマに限らず、さまざまな専門知識・専門技術が商材になります。

オンラインサロンを立ち上げる前に、自分が何を発信していきたいのか、またはどのような内容のコミュニティを作りたいのか考えましょう。せっかく立ち上げるわけですから、自分がやっていて楽しいテーマでないと続けることが苦しくなってしまいます。

もっとも忘れてはならないポイントが「何のためにするのか」、その情報はお金を出してまで他の人が得たい物なのか、ユーザー目線に立って考えることです。

失敗例としては、自分よがりの発信だけをしてユーザーが置いてけぼりになってしまうということがよくあります。

このオンラインサロンでしか得られない情報という視点を常にもって提供できるといいですね。

また、オンラインサロンのタイプによって違いを生み出すことも出来ます。

運営者から会員に向けて情報共有が行われノウハウを伝えるもの、徹底的に人と人とのつながりを重視して会員同士の交流や人脈の獲得を目的としたもの、また見方を変えて1対1のスタイルにするのも面白いかもしれません。いずれにせよ、自分の得意とするユーザーを集めることでオンラインサロンの運営目的が明確になっていきます。

収益があがるテーマとは?

収益を上げたいがために、特別なテーマを選ばなければならないか?と言われれば決してそんなことはありません。要は他の発信媒体と、どう差別化を図れるかだと思います。

ライバルが多いような一般的なテーマを選んだとしても、見方をちょっと変えたり、撤退的に深堀するだけで、充分に戦える商材になります。

それぞれの内容に対して、共感できる・できない含めて自分の考えや、個人ビジネスに置き換えたときの考え方もプラスするなど、分かりやすさや面白さを加えてみてください。

いずれにせよ、入会することで「何が学べるのか」「何を体験できるのか」「どう変わるのか」といったメリットを発信していきましょう。