現在 440 記事を公開中です

あなたの企画で人の「輪」繋げる!SGDs時代のオンラインサロン構想

オンラインサロン運営事業を立ち上げようとするとき、事業主の皆さんは当然ながらその事業の利益率や損益分岐、原価滅却等を考慮して構想を練ることと思います。

それに加えて現代のオンラインサロン事業では、持続可能性のある社会への配慮を計画内に盛り込む方が非常に多くなって来ました。

「手段も選ばずなりふり構わず、短期間で大きな利益を上げる経営者」が「格好いい」とされた時代はいつしか過去のものとなっており、人々のアンテナは周囲や地球環境に配慮できる余裕を持つ大人が最も「格好いい」という方向に変化しつつあります。

国連が定めた、持続可能性のある社会への17の目標、SDGs
特にこれら17の目標は現代の経営において重要さを増しており、どのような事業計画においても何らかの形で取り入れられているというのが現状です。

企業イメージが非常に重視されるオンラインサロン業界ですから、特に今後新たな企画を行う場合、環境への配慮やSDGsは必須とさえ言える要素であることは間違いありません。

オンラインサロンとSDGsは相性が良い!

持続可能性ある社会への目標であるSDGsですが、17の目標全てが、他者への配慮や環境を護りつつ最大多数の幸福度を上げるための生産性につないでゆく努力へと向けられた物です。
つまり、環境問題を解決する方法を探りつつ他者との共存共栄を目指す姿勢が持続可能性ある社会を創り出す、と国連の専門家チームは考えているわけです。

実はこの方法論、非常にオンラインサロン事業との相性が良い事にお気づきでしょうか。

オンラインサロンではテーマを同じくする人々がひとつのサロンに集ってきますが、これによってアイデアやリソースのシェアリングが自然と行われています。
シェアリングはこれからの環境問題を解決するためのフィロソフィーのまさに中心となるもの。
オンラインサロンユーザーは、シェアリングの精神を自然と身につけていることから、サロンを離れているときにも意識せずともシェアリングへの抵抗感がなく、環境への配慮との親和性が高い生き方を選びやすい傾向にあります。

そしてもう一つ、オンラインサロン内では同じテーマを通じて、たくさんの人々との交流があり、そこには既存の旧い価値観への忖度なく、男女国籍関係なく自由に目的を目指せる雰囲気があります。

このような風土が育っている理由として、オンラインサロンの歴史が新しい事が挙げられるでしょう。
インターネットサービスが広く行き届き、人々がオンライン上で充分に様々な経験を積んだ後に生まれたサービスであるオンラインサロンユーザー達は、自然と旧来の価値観から自分たちに必要なものを選び取りブラッシュアップされた価値観を生きているのです。

SDGsを意識した、好感を持たれるオンラインサロンが増加中

オンラインサロン文化発祥の頃、今から5年ほど前の雰囲気といえば、ビジネスパーソンが非公開の限定資産運用情報で交歓する場所…といったイメージが主流でした。

しかし2021年現在、社会全体の雰囲気の変化に相まってオンラインサロン界にも大きな変容の波が訪れました。

上昇志向だけでは顧客の心を掴むことは出来ず、却って売上も落ちてしまう事が多い。人の絆や環境への配慮を、優しさと共に感じさせる企業戦略が重要視されるのが最新のマーケティング理論。
ですから当然、国連が定めた持続可能な社会構築への17の目標SDGsについても、事業内容のどの部分がどのように、どの目標に配慮しているか等を詳らかにプレゼンテーションする企業も増えてきているのです。

SDGsへの配慮をオンラインサロンで充分に訴えていくために必要なこと

自らが行う事業がしっかりとSDGsに配慮したものであることをわかりやすく示すことは、オンラインサロンを活用する人々やその周囲の人々にまで持続可能な社会への配慮を意識してもらうとても良い方法です。

このような時代の空気を読み間違えないコンテンツ作りにも、オンラインサロン施工専門業者を開発チームに加えることは大変役立つでしょう。

また先に述べたようなオンラインサロンとSDGsの親和性を最大限に活かすためにも、ベーシックなセキュリティや使いやすいインターフェースはその基盤となってくれます。
是非、SDGsの観点からもオンラインサロンの構想は専門業者に相談してみましょう。

返信転送