現在 395 記事を公開中です

オンラインサロンをアピールするYouTubeライブ配信、その場でテロップ文字を入れる方法とは?

カンニング竹山さんのオンラインサロン

オンラインサロンをPRするための動画を載せる場所として、多くの人がまっさきに思いつく媒体はYouTubeではないでしょうか。

YouTubeでは、テレビ番組でいう生放送に当たるライブ配信を行う「YouTube LIVE」機能があります。動画を録っているその場で視聴者からコメントが寄せられるので、そのコメントに答えたり、急遽、動画の内容を変更したりすることもできます。

すでにチャンネル登録をしているファンの方々の満足度も高まりますし、配信が終わった後も自動的にアーカイブ(保存版)としてYouTubeのチャンネルに残りますので、他の動画と同じように、後で録画を視聴することもできます。

話に自信のある方、言い間違いや無言の間が怖くない方は、編集の手間がかからないライブ配信のほうが向いているでしょう。

ただ、YouTubeライブ配信の最中に文字テロップや画像などを出して、動画の「生編集」をしたい方もいるでしょう。その方法についてお伝えします。

OBS

OBSに前もって設定しておく

OBSは、生配信の動画に、事前に入力した文字や画像などを、自由なタイミングで表示したり、消したり、切り替えたりすることができる無料のソフトウェアです。

文字のフォントや大きさ、色や位置を自由に設定できますし、画像をその場で拡大・縮小することもできます。

さらに、BGM(音楽)や効果音などを出したり、複数のカメラを切り替えたりするなど、高度な操作もできるようになります。

テレビ番組のスタジオの裏側にある副調整室(サブ)で、ディレクターなどがテロップを操作したりするのを、配信者が自分で行うことができるのです。

ただし、できることの自由度が高い分、設定や操作がやや複雑で、慣れるのに時間がかかるかもしれません。

StreamYard

StreamYardに前もって設定しておく

StreamYardも無料から使えるソフトウェアで、生配信の動画に、事前に入力した文字などを、自由なタイミングで表示させることができる無料のソフトウェアです。

テロップは、まるでテレビ番組のもののように、現代風にデザインされていますし、配信中にもらったコメントをアイコン付きで表示させることもできます。OBSでは設定が難しい、複数人のリモート対談も、StreamYardなら簡単です。

初心者でも使いやすいのですが、そのぶん「もっと自分の思い通りにテロップをデザインしたい」という意欲のある方には物足りないかもしれません。

StreamYardの有料プランでしたら、たとえばYouTubeライブとFacebookライブを同時配信したり、オンラインサロンの独自ロゴを表示したりできますので、アピール力が引き上がります。