現在 395 記事を公開中です

オンラインサロンPRライブ配信で、人々の目にとまる読みやすいテロップの作り方4選

「カズレーザー」さんが運営するオンラインサロンでは、何をやっている?

オンラインサロンのPRのため、YouTubeやFacebookでライブ配信を行うときには、文字でテロップを付けていると、人々の目をとめて参加してもらいやすくなる可能性があります。

テロップのイメージ
写真はイメージです。

特にOBS(Open Broadcaster Software)を使うときには、文字テロップのフォント、大きさ、色、位置などを自由に決められるため、いくらでもこだわってつくることができます。

しかし、自由度が高いぶん、いつの間にか「読みにくいテロップ」をつくっていることがあります。

読みにくいテロップは、ライブ配信の参加者、視聴者にストレスを与えてしまい、満足度を下げてしまう原因にもなりかねません。

この記事では、読みやすいテロップをつくる、4つの基本的なコツについて解説しています。

細いフォントは使わない

画面がちらついたり、ぼやけたりすることもあるライブ配信の画面では、線の細いフォントは、なかなか目立ちません。Webではゴチック体を使うのが基本です。

女性向けや高級感が大切なオンラインサロンでは、明朝体を使うと印象がよくなりますが、横線が細いので、やはり読みにくくなる場合があります。「あおぞら明朝」など、太めの明朝体を選ぶのがおすすめです。

背景色と文字色は、違う色調にする

白い壁のある場所に、白い文字、あるいは淡い色の文字を使えば、明らかに読みにくいです。

まずは、背景の中に埋もれない文字色を選び、明るさや濃さの違いを明確にし、コントラストをハッキリさせることがテロップづくりの基本です。どの場所を背景にして配信するのか、その場所は何色が多いのか、前もって意識しながら色を選びましょう。

「ふちどり」をうまく使う

一面に白い壁のある場所を背にしてライブ配信をするなら、黒や濃い色で文字を使えば、確実に「読める」テロップになります。

ただ、多くの方々は、色とりどりの様々なものを背景にして配信しているはずです。あるいは、テロップが配信者の服などと重なることもあるでしょう。そうなると、テロップの色を決められなくなってしまいそうです。

その場合に有効なのが「ふちどり」です。OBSには文字の輪郭をふちどる機能がありますので、文字とふちどりで、コントラストが違う色を使えば、どんな背景と重なっても読みにくくなることはなくなります。「似た色同士」では、ふちどる意味がありませんので注意しましょう。

ただし、コントラストが違っていても、たとえば赤と緑など「濃い色同士」の組み合わせでは、それ自体が読みにくい原因となってしまいます。

「テロップベース」(囲み)を使う

テロップベースと呼ばれる、文字を載せる囲みを活用するのも効果的です。ふちどりと似ていますが、テロップベースを使うほうが「今どき」のデザインと言われることが多いです。

ふちどりと同じように、文字色とテロップベースはコントラストの異なる色を組み合わせます。

色の不透明度を下げて、配信画面もうっすらと透けて見える半透明色のテロップベースも人気です。

半透明の画像を扱う場合は、PNGファイルで用意する必要がありますので、OBSとは別に、PhotoshopやGIMPなどの画像作成ソフトを使ってテロップベース画像を作成し、「****.png」形式で保存しましょう。