データ取り扱い規則

お客様からお預かりするデータについての弊社の方針を公開しております。

  • HOME
  • データ取り扱い規則

(目的)

第1条 本規則は、当社におけるデータの適法かつ適正な取扱いを確保し、データを保護するための基本事項を定めることにより、お客様ならびに社会的信頼に応えるとともに、当社内におけるデータの安全な取扱い実践を行うことを目的とする。

(定義)

第2条 本規則で各用語の定義は次の通りとする。

①データ

(1)当社の保有するデータ。

(2)お客様との契約により、電子化情報、非電子化情報問わず、提供された情報資産ならびにお預かりしたデータ。

(3)お客様との契約に基づいて創出、生成、取得または収集されるデータ。

(4)お役様との契約に基づき、加工、解析、編集および結合したデータ。

(5)前2号に作業により発生した派生データ。

(個人情報を含むデータの取り扱い)

第3条 データの内容の全部または一部に個人情報が含まれる場合は、別途定める「個人情報取扱規則」を優先適用する。

(適用範囲)

第4条 本規則は、当社のすべての役員及び従業員(正社員、パートタイマー、アルバイト)に適用する。

(データ取扱いの方針)

第5条 当社におけるデータの適正かつ安全を確保するために、人的、物理的、技術的な措置を講じ、法令を遵守し、契約に従って取り扱わなければならない。

(管理責任者)

第6条 データの取り扱いの安全を確保するため、「管理責任者」を置く。

(管理責任者の職務)

第7条 管理責任者は、データの安全な保管、利用のため次の職務を行う。

1 データの適正な利用を監理すること。

2 データが適切に保管状況を監理すること。

3 業務としてデータの利用する従業員の管理。

4 データの取り扱いに関する問題に対処すること。

(従業員の守秘義務)

第8条 業務としてデータを利用する従業員は、守秘義務または機密保持契約を結ばなければならない。

(データに関する禁止事項)

第9条 データを管理責任者の許可なく、可搬式の記憶媒体等へデータを転写することは禁止する。

(業務の委託にともなうデータの管理)

第10条 業務の委託によりデータを提供する場合、委託先となる企業は、別途社内規定の審査に適合し、セキュリティ対策を実施してければならない。

第11条 再委託先も同様とする。

(データの2次利用)

第12条 お客様より提供もしくはお預かりしたデータを利用したデータを2次利用する場合には、データの提供若しくはお預けになられたお役様に対し、利用目的、データの範囲、匿名処理を実施するかについて明らかにしなければならない。なお、契約内容で別途の規定がある場合は契約に従う。

(第3者への提供)

第13条 お客様より提供もしくはお預かりしたデータを利用したデータを第3者へ提供する場合には、データの提供もしくはお預けになられたお役様に対し、利用目的、データの範囲、匿名処理を実施するかについて明らかにし、許可をえなければならない。なお、契約内容で別途の規定がある場合は契約に従う。

(データの削除)

第14条 お客様より提供されたデータもしくはお預かりしたデータは、契約の終了により、電子化情報の場合は保管記紀より削除抹消する。非電子化情報の場合は、速やかに返還する。

第15条 データを取り扱う機器を破棄、またはリース等の期間が終了して返還する場合は、機器内のデータを削除抹消しなければならない。

(データが漏えい、流出した場合)

第16条 データが漏えい、流出したことが判明した場合、直ちに漏えい、流出しデータの種類、内容、経路、日時、鯨飲等を調査し、速やかに必要な措置を講じなければならない。

第17条 漏えい、流出したデータがお客様に関わる場合には、直ちに漏えい、流失に関する事項および調査結果等を説明し、謝罪しなければならない。

(再発防止策)

第18条 データの漏えい、流出が発生した場合には、調査の結果を踏まえ、再発防止策を講じなければならない。

(規則の見直し)

第19条 本規則は、定期的に実効性や適合性を考慮し、見直しを検討しなければならない。

(対応窓食い)

第20条 契約によりデータの提供もしくはお預けになったお客様に対応した専用窓口を設置する。

お問い合わせ窓口

会社名: 株式会社ビルドサロン
電話番号: 03-6822-4723
メールアドレス: info@buildsalon.co.jkp
フォーム: お問い合わせフォーム

セキュリティ基本ポリシーはこちらをご確認下さい。