Eラーニングシステム(LMS)

ビルドサロン Eラーニング

最終更新日:2022年05月31日

オンラインサロンにeラーニングの実施に必要な学習管理システムを組み込み・実装します。会員の学習進捗を管理できます。

ビルドサロン LMS

オンラインサロン内での講義システムを構築

LMS(学習管理システム:Learning Management System)とは、Eラーニングの実施に必要な、学習教材の配信や成績などを統合して管理するシステムのことです。
オンラインサロンの運営者がレッスンやセミナーなどの予約を受け付け・管理できます。

それらをオンラインサロン内に組み込み、会員の登録申請・決済(サブスクリプション)・退会申請などを統合的に管理できる様にします。

コンテンツのロックや動画受講コース設定など、お客様のご要件に合わせて柔軟に学習支援システムを構築いたします。

LMSのスマートフォン動作イメージ

多彩な初期要件

基本機能
・オンラインサロンの基本機能(会員登録管理・登録申請管理・会費決済管理・会員管理・退会申請管理など)
・スマートフォン/タブレット/PCに対応
・会費決済(従量・継続サブスクリプション)
・マルチインストラクター登録(複数の講師を登録可能)…複数の講師が教材を公開できます。
・ZOOM / GoogleClassrooms連携(Classroomストリームやファイルなどの機能をオンラインサロンから直接使用可能)
・お試し受講機能
・トップページへのコース表示

受講者機能
1. ログインID/パスワード
(オンラインサロンの基本機能を利用)
2. 履修コース一覧
(公開されたすべてのコースは、アーカイブページから見ることが可能)
3. 履修登録
4. 目次
5. 進捗率や学習時間などの表示
(すべての会員のマイページに進捗率バーを表示)
6. 学習 動画やスライドを閲覧
(すべてのコースとレッスンには、内部のMP4、外部のYouTube・Vimeo・外部URL・埋め込みURLからビデオを埋め込むことが可能。また、GoogleのWeb公開オプションを選択すると、Googleスライドを埋め込むことも可能。)
7. テスト問題を出題し解答

管理機能
8. 受講者登録
(コンテンツにアクセスする際はログインが必須)
9. 履修登録

指導機能
10. 受講履歴閲覧 受講者の学習進捗や得点などの学習状況を確認
11. レポート管理 レポート出題したり、レポートの回収状況を確認し、採点/評価
(アルバム、課題、テスト、レポートの機能が利用可能)

質問管理
12. 寄せられた質問を確認し、回答

教材管理機能
13. コース作成/編集 コースを作成したり、作成したコースの編集
14. コース構造作成/編集 章/単元などの情報を編集
15. 学習素材割当 動画やテストや参考資料などの作成した学習コンテンツをコースに割り当て
(docs、pdf、mp4、その他のメディアファイルを含めることが可能)
16. 教材のロック機能(特定の条件を満たしてからコースの受講が可能)
例:
・日付指定
・登録から X 日後に受講可能
・コースコンテンツを順次利用可能
・前提条件の終了後にコースのロックを解除

生徒側
17. 動画(授業)閲覧
18. ライブ授業受講
(オンラインサロン上直接の配信・またはZOOMなど)
19. チャットで質問
20. 講師からの課題提示
(会員は、課題や小テストを提出し、成績表を使って評価を受けることが可能)
21. 学習進捗を確認
(会員は、進捗率、テストの結果、および課題のレビューを見ることが可能)
22. コース終了後の資格証のダウンロード

講師側
23. 練習状況を確認し、助言
24. 確認テストや問題提示

これらの初期要件以外にも、事業者様(お客様)のご要件に合わせて、必要な機能を開発いたします。
お気軽にビルドサロンまでご相談ください。

ビルドサロン LMS ログイン画面施工例

実装可能機能(システム構成)例

生徒管理(基本情報、学習・受講進捗管理、学習時間分析、達成率分析、学習 計画策定、学習利用率、動画視聴状況、面談記録)
教室管理(教室割当・残席)、施設・設備管理

教材・スケジュール作成、教材・備品管理
映像教育、教育コンテンツ、ドリル教材
保護者コミュニケーション(登下校・連絡)、登下校時防犯対策、見守りシステム
校務支援(月謝管理、講師管理、運営管理)
複数店舗・FC・代理店管理

システムとして統合的に構築が可能です。

LMS 試験機能実装イメージ

効果を確認する試験機能を初期要件として開発

生徒の学習結果を、実際に確認するテスト機能が標準要件として開発・実装できます。

LMS UI設計例

事業者様独自の複雑な要件も実現

「履修コースによって表示させるコースを変更したい」
「受講する科目数によって、月額費を変動させたい(1科目月額9,800円、2科目月額17,300円)」
「既成のLMSと連携(APIを利用)したい」(ユーザ検索、登録、削除、更新など)
など、運営者様独自の要件も全てお任せください。
個別のデザイン指定にも対応可能です。

既存の授業・講義のオンライン化(オンラインサロンへの移行)作業についてもお任せください。

会費の決済方法や、コース設定などのご相談も承ります。

一例:
単発販売と連携させ、購入可能な研修が一覧で見れる(期間、価格の表示)
・購入可能な研修をカテゴリやキーワードで絞りこめる
・講師とのレベニューシェア設定ができるようにする
・コースの受講制約(1を受けたら2が受けられるなど)を設定できる様にする
・受講可能期間になったら自動で表示され、終了期限になったら自動で非表示にする
など

LMS上のQ&Aのサンプル(会員ランクごとにQ&Aの閲覧制限の実装例)

オンラインサロン会員からの質問に管理者が回答可能

会員からの質問に対し、管理者が回答するQ&A機能について、会員ランク別に閲覧制限が可能になります。

「ゴールド会員は自分の質問とその回答 + 他会員の質問と回答の閲覧が可能」
「シルバー会員は自分の質問とその回答のみ閲覧が可能」

など、会員ランクごとの差別化にご利用いただけます。

オンラインサロンでEラーニングを受講するイメージ

その他の初期要件

・コースのグリッド表示
・コース完了時、得られるポイント数についての表記。(ポイントシステムとの連携時)
・コース受講時、消費するポイント数についての表記。
・コースの受講記録の管理者による手動追加と管理。

・コースの単発販売時、価格の表記。(単発販売システムとの連携時)
・コースの単発販売時、決済先をコース登録者(講師)に変更可能。
・コースの受講記録などを公開できるマイページの作成。
・講師が公開しているコース等の情報をマイページに掲載。
・コース受講資格について会員ランクの表示。

事業者様独自の仕様についても、お気軽にご相談ください。

LMS サンプル

詳細はビルドサロンまでお問い合わせください

コース修了時や特定の条件を満たした場合などにポイントを自動で付与することも可能です。
ポイントシステムとの連携)

別途開発する単発販売システムとの連携も可能です。Eラーニングの講座を、会費とは別に単体で販売できます。

独自要件開発の見積もりはこちらから。

講師マイページにEラーニングコースの表示設定の追加

デザインもご相談ください

レスポンシブはもちろん、個別のマテリアルデザインなどもご相談ください。

※ 画像はデザイン例です。

一覧に戻る

特に記入されていない場合、画像は全て開発の一例です。具体的な希望要件や仕様・機能についてはご相談ください。

以下のページからオンラインサロンの制作お見積もりが可能です。

今すぐ無料お見積もり

関連項目