NFT特別会員証

NFT特別会員証

最終更新日:2022年06月14日

唯一無二であるNFTのオンラインサロン会員証をOpenseaに出品でき、会員はそのNFT会員証を所有していれば、オンラインサロン内で任意の特典を受けられます。

NFT設定画面施工例

特定のNFTを所有している会員にのみコンテンツを公開

特定のNFTを所有している会員のみ、特定のコンテンツを公開します。
Openseaはもちろん、管理者オリジナルのNFTにも対応します。

規格などの詳細要件はご相談ください。

開発例(利用の流れ)

  1. 会員がMetaMask(仮想通貨を管理するアカウント)でオンラインサロンに登録・ログインします。
  2. 所有しているNFTをスキャンします。
  3. 特別会員証NFTがあればマイアカウントページに表示します。
  4. 管理者が指定するNFT特別コンテンツ(投稿)を閲覧できます(全ての閲覧制限に優先します)

MetaMask経由でサイトにログインしなくても、MetaMaskにだけログインしていればNFTスキャンさせることが可能です。

NFT開発

チャットツールでリアルタイムの開発も可能

チャットツールでリアルタイムに制作を進めることも可能です。

詳細の仕様や要望を、対話形式で実装可能です。

NFT会員証開発イメージ

よくあるご質問

Q1. 例えばサロン会員限定のイベントを開催し、入場の際に私個人でオープンシー にて出品した会員証と記した作品の提示を求める場合、作品のスクリーンショット等での偽造も可能です。貴社のサービスを利用すればどのようにしてこの問題を解決できますのでしょうか?

A1.閲覧権限の制限は、スクリーンショットや画像ではなく、NFTの所持・非所持をメタマスク経由で判別してその様な問題を解決します。
NFTは暗号化されており、また唯一無二制が担保されている技術ですので、複製は原理的に不可能です。

偽造していないかどうかは、ブロックチェーンという技術で照会をかけるので、正当性が保証されます。(偽造をしても、発行したという記録がないので排除することができます)

Q2. 貴社のサービス(NFT特別会員証)は個人でオープンシー へ会員証と記した作品を売ることと一体何が異なるのでしょうか。

A2. 会員証所有有無の判定をシステムが自動で行うように構築できます。
例として、Aコンテンツ(動画)とBコンテンツがあり、Aコンテンツは誰でも閲覧可能、Bコンテンツは指定のNFTを所有していないと閲覧できない、という設定が可能です。

上記のように設定すると、会員は、自身が管理しているMetaMaskアカウント(NFTの財布のようなサービス)に管理者指定のNFTを所有していないと、Bコンテンツを閲覧できなくなります。
管理者が逐一、会員証を所有しているか確認する事なく、システムが自動で所有しているか判定してコンテンツの閲覧権限を設定します。

一覧に戻る

特に記入されていない場合、画像は全て開発の一例です。具体的な希望要件や仕様・機能についてはご相談ください。

以下のページからオンラインサロンの制作お見積もりが可能です。

今すぐ無料お見積もり

関連項目