親子アカウント管理

親子アカウント

最終更新日:2022年01月10日

親アカウントの下に子アカウントを紐づけられる様にします。「親アカウントが会費を支払っている場合、子アカウントでは会費を支払う必要はない」等の設定ができる様になります。

親子アカウント実装例

アカウントに親子関係の概念を導入

オンラインサロンの会員種別に「親子」の概念を導入します。子アカウントが親アカウントに結びつき、親アカウントが子アカウントの一部の情報を管理できます。

管理者の設定ページに閲覧可能な記事形式(ブログ、動画)を設定できるようにしたりできます。

・親アカウントから子アカウントを招待する数に制限を設けたい。
(10アカウントまで招待できるプランと50アカウントまで招待できるプランの設定)
・親アカウントのみ料金を徴収し、子アカウントは無料で利用(親アカウントとは異なる料金)できるようにしたい。

など、詳細の仕様もご相談ください。開発可能です。

一覧に戻る

以下のページからオンラインサロンの制作お見積もりが可能です

今すぐ無料お見積もり

関連項目